他人を動かすにはまず自分から動く

Q 入社のきっかけについて

大学は工学部で、電子回路などのハードウェアからプログラミングなどのソフトウェアまで、幅広く学んでいました。ITインフラについては大学時代に初級シスアド(現:ITパスポート)資格を取っていたので基礎的な知識はありました。iテックは会社説明会での業務内容が自分のやりたいこととマッチしていると感じ、入社を希望しました。入社以来、継続して資格を取得しようと心がけています。資格や知識を持っておくことで、自信がつきますし、自信があるほうが発言にも強さが生まれます。

Q 現在のお仕事について

現在はNRIに常駐して、証券会社や銀行などの金融系システムにおいて、ネットワーク基盤の維持管理や設計構築などを担当しています。もともとモノを作るのが好きで、ネットワークの設計書を書いているときはすごく楽しいです。案件は大がかりなものが多く、長期に渡ることもあります。来期には1年以上の期間をかけてデータセンターの基盤を移行するというプロジェクトが動き出します。このような規模感は学生時代には想像できなかったものですね。

Q 印象に残っている仕事はありますか

入社2年目、ある会社の営業拠点を移転するという仕事でリーダーになりました。単純な移転ではなく、既存の拠点に統合するという案件で、もとのシステムに影響を与えず移行させるというミッションでした。しっかり準備したはずが、当日になって予測していないネットワークエラーが発生したり、既存の環境に悪影響が出たりするなど、複数のトラブルが同時に発生することに。移転なので以前の環境に戻すこともできず、作業メンバーの協力や上司に電話でアドバイスを受けるなど、試行錯誤して、なんとか作業を完了させました。事前準備の大切さや、他の案件にも活かせる対応策を学ぶいい機会になりました。

Q 仕事をしていく上で大切なこととは

まず自分から動くことです、自ら動かないと案件は動かないと肌で感じています。チーム内だけでなく、お客様にも自分から調整をかけないと動かないこともありますね。最初は何も分からなかったので指示を待つことが多かったのですが、現在は本当にこれでいいのかなど、自分の頭で考えるようになりました。システムはみんなで作っていくもの。入社を考えている学生の方は、チームで努力や失敗を重ねて、最後までモノを作りあげる経験をしておくといいのかなと思います。

プロフィール

2011年入社。学生時代は野球部。現在もiテック野球部とフットサル部に所属し、冬はスノーボードを楽しむスポーツマン。

ある日のスケジュール

8:30
出社
メールチェック
9:00
朝定例
10:00
資料作成
12:00
昼食
13:00
移動
14:00
データセンター内で
回線工事立ち会い
18:00
直帰
社員紹介トップへ
PAGE TOP